「豊かな心情」「健やかな体」「考える力」を養う企業主導型保育の東矢口きぼうのいずみ保育園(東京都大田区)

企業主導型とは

企業主導型保育とは、内閣府主導の元「会社が作る保育園」をコンセプトに、子ども・子育て支援新制度の1つとして平成28年度からスタートした新しい保育園の仕組みです。
位置づけとしては「認可外保育施設」になりますが、運営については一定の基準を満たすことで助成金が支払われる仕組みになっており、その最大の特徴は、園児構成が「企業枠」と「地域枠」に分かれ、総定員の内一定人数は、提携している企業のお子さまを預かり、残りが地域の方々のお子さまのお預かりとなります。
企業枠として提携する企業は1社でも複数社でも構わない点も大きな特徴です。
働きやすさ改革、女性の働き方対応、に対応する新しいスタイルの保育園として注目されています。

 

PAGETOP
Copyright © 東矢口きぼうのいずみ保育園 All Rights Reserved.